2015年12月27日日曜日

伊勢志摩サミット 見えない不安と期待の地元民







只今改装中 近鉄賢島駅

来年5月26日 27日に賢島をメイン会場に先進国7か国会議が開かれる

地元賢島ではメイン会場となるであろう 志摩観光ホテルクラッシック ホテルベイスイートを中心に

施設改装や道路整備 通信設備の改修が行われつつある


志摩観光ホテル ベイスイート

各国首脳の宿泊施設となる


周辺にある宿泊施設は「警備関係者」の専用となり

一般観光客の受け入れが規制されるかもしれない

交通機関も近鉄電車 三重交通バス タクシーなどの賢島乗り入れが不可能となる公算が強い

政府から また三重県 志摩市からの詳細な説明はない

「警備上の問題」がつきまとい

あからさまな情報公開はできないのかもしれない

地元は「不安」が募るばかりである


2015年12月15日火曜日

分厚いステーキで頑張ろう



マックスバリュー鵜方店でステーキ肉を買う

500グラム近くあり 目の前で焼きながら食べる

厚さは3センチほどあり 十分なボリューム

塩コショウ わさび しょうゆ などで好みに応じて味の変化をつける

バターを少しつけてもうまい

付け合わせは トマトのステーキ レタスなど

フランスパンのスライスと オリーブオイルで完璧

ごちそうさまでした


GG CARD じじばばの日

本日偶数月15日は「年金支給日」

AEON 「GG感謝デイ」で全国の AEONと郵便局は じじばばで大混雑の日


郵便局や銀行はは確実に年金が振り込まれたか?

確認に来る じじばばで一杯だった



御多分に漏れずAEON阿児店や阿児郵便局はじじばばで大混雑となった

また本日は「AEONの火曜日」でそれに拍車をかけた

ネット上のイメージではあるが こんな有様

クリスマスや年末を控え じじばばは 孫の機嫌取りに忙しい

それを目当てのAEONやスーパー なども商機とばかり畳み込んでくる

今年もあと2週間ほどとなった 

今年一年の無事を感謝し

来年も一族の安全安心を祈願せずにはいられない




2015年11月14日土曜日

絶景かな 絶景かな 伊良子ビューホテル



久しぶりに愛知県伊良湖岬へ出かけた
















10月25日 26日であった




「伊良湖ビューホテル」



伊良湖岬を見下ろす丘の上にあり 

恋路が浜 太平洋を一望できる環境にある



















伊良湖ビューホテル

あの当時はなかった絶景の温泉施設ができていた
デザイン露天風呂 画像



宿泊プランもたくさんあり呑んべえの夫婦としては

食べ放題(ブッフェ)120種の料理と飲み放題プランで泊まることにした

料金は日により異なるが大満足のプランであった

二人で¥20.000以内でおさまり

ゆっくりできて往復伊勢湾フェリーを使えば 体もそう疲れない

また機会を作り 出かけてみたいものだ








2015年10月9日金曜日

この一週間 2015/10 神宮125社巡りと 蜂刺され

月夜見宮(つきよみのみや)

JR伊勢市駅近くまた豊受大神宮(外宮)からも10分ほどにあり

伊勢市の繁華街にほど近いところにありながら静寂を保っている



外宮と内宮の中ほどにある 

月読宮(つきよみのみや)と同じく月読尊をおまつりしているという

遷宮以降 各地の別宮なども遷宮をおえた

新しくなったお社を参拝した


引き続き近くの豊受大御神にある

式年遷宮記念 せんぐう館を見学に行く



外宮勾玉池に面し

式年遷宮の歴史やそのなりたちを

展示物などや画像を使い「式年遷宮」の意味をおしえてくれる

伊勢をおとずれるなら ぜひ立ち寄りたいところだ






我が家のある志摩市へ帰ってきた

志摩市磯部町にある神宮別宮

伊雑宮(いざわのみや)



こちらも新しいお社へ遷られた



無事参拝も終え

翌日出勤したが まもなく勤務時間も終えようとする頃


生け垣の整備をしていたら突然

アシナガバチの巣に近づいたのか

蜂の大群に攻撃され

頭頂部 眉間部 両腕関節部あたり 6箇所ほど刺された

その日は痛みで眠れもせず

今日は顔が腫れて フランケンシュタインのようになり

仕事を休んで皮膚科に行き処置をしてもらったが

まだ顔の腫れが引かない


2015年9月18日金曜日

 今の政権を選んだのは国民! 責任は国民にある!!


安全保障関連法案

例によりマスコミ各社は「安全保障関連法案 反対」に導こうとする作為的報道がなされておる

そもそも論とか 憲法9条の呪縛とか 意味不明の意見がまかり通る

今の政権を選んだのは国民だ!

その責任を問わずして反対 反対を述べるのは おかしいんちゃうか?



ほんとにわかってる「安全保障関連法案」





賛成 中立 反対

様々な意見が対峙し 落ち着くべきところに落ち着く

山本太郎を国会に送ったのも国民の責任

国会で役者やパフォーマンスを演じる必要はない

すべて国民自らの責任なのだから

法案が通過すればまた「犯人探し」が始まるのだろう


2015年9月17日木曜日

孫と台風と焼き鳥

今年9月5日 神奈川から娘家族が来てくれた


背も高く大きく成長し

言葉も会話には困らない

おいしいものをたくさん食べて

花火をし 

近くの「志摩マリンランド」へもでかけた

ペンギンに出迎えられ 

ドクターフィシュでおおさわぎ


3日間の滞在もあっというまに過ぎ

嵐のように次の目的地へ去っていった



嵐といえば2015年 「台風18号」

愛知県に上陸し日本を縦断していった

志摩地方も久しぶりに影響を受け

道路の通行止めや 鉄道の運休もほぼ1日続いた



秋の長雨というか

降り出すと何日も降り続く

肌寒くも感じられるようになってきた

近くのイオンで「焼き鳥」を買った



20本入りで700円

焼きながら食べた

うまい








2015年8月11日火曜日

伊勢志摩サミットどこへ行く 実力なしのキャラ頼りを露呈 ああ残念志摩市

伊勢志摩サミットが開催される 

志摩市 賢島

多くのマスコミに取り上げられ 会場となる「賢島」がクローズアップされておる

ここにきて 「萌えキャラ」が登場

市民を巻き込んで論争が勃発!!

萌えキャラが登場!!


ご当地キャラクターが話題を呼ぶご時世だが

こんなもんに頼らざるを得ない

地元実力のなさを露呈している



昔の海女なら 白い磯着(いそぎ)に丸いゴムの水中メガネ

それも上半身は丸裸であったそうな




浮世絵に登場する「海女」




海外から来られる方々に「海女」の本来の姿を知っていただくには

海女の歴史を知らずに「女性蔑視」を唱えるには難があるであろう



萌えキャラに反対する方々は 「海女の歴史」を学習していただきたいものである

現在の海女は黒のウエットスーツで長時間の潜水作業に耐えられる服装になった

海女の歴史も知らず くだらん論争を巻き起こすのはいかがなものでしょうかね?

萌えキャラなんぞは吹っ飛んでしまう存在だ






もともと公認キャラとしていたものに新たに追加




 

萌えキャラなんぞで物議をかもす

サミットどころかくだらんキャラ論争で世間様をにぎわす

ああくだらん 残念 志摩市!!

歴史を知れ!!






2015年7月30日木曜日

windows 10 使ってみます

Windows10 予約していました

今日 インストールして使ってみます



まだよくわかっていないんですが

とりあえず使用感を確かめる


セットアップに約40分ほどかかった





新しい画面が始まる

まだ未知の世界

いまのところさして違和感はない

速度もあまり変わらない

IEはMC Edgeに変わった スピード感はさほど感じない

映像 音楽 ゲームなどに変化がみられる


不具合が出れば元のwindows7に戻そうと思っておる



2015年7月26日日曜日

鶏胸肉の南蛮漬け


土用の丑の日は過ぎた

ビンボー人には高嶺の花

「うなぎなど食わんでも死なん!!」





鶏胸肉の南蛮漬け ワシ流


もも肉に比べてパサツキ感がする

夏場の食事には気を使う


今日も気温はおそらく30度を超えているだろう

どうしても喉越しや ひんやり感のあるものが恋しくなる

鶏胸肉を均一の厚さになるよう包丁を入れてひらく


塩コショウを施し 片栗粉をまぶす

フライパンで皮目からじっくり焼く

皮のパリパリ感が食欲をそそる


かけダレは大根おろし 大葉 創味のつゆに馬路村のゆずポン酢をくわえ調整



玉ねぎのスライス かいわれ大根などを散らし食卓へ

冷蔵庫で妻に頼まれたビールを冷やしています

おはようおかえり


2015年7月10日金曜日

伊勢志摩サミット 紹介されない名所案内1

2016年先進国首脳会議に伊勢志摩 「賢島」が主会場に選ばれた


産経新聞デジタル版より引用



完全な島であり

2つの橋でのみ本土に繋がっている 警備上の都合の良さが最大の理由とも言われる

主会場に選ばれた賢島を擁する「志摩市」 「三重県」

官民挙げてその準備が始まっている


マスコミでも志摩市 賢島を取材し報道が多くなりつつある

地元民としては「期待半分 不安半分」と言ったところである


これを機会にあまり知られていない「志摩風景」を訪ねてみることにする

賢島といえば「真円真珠」

御木本幸吉が「世界中の女性の首を真珠でしめてみせます」

明治天皇に拝謁の際 こう言ったという



「真円真珠」の発明者は

西川藤吉と見瀬辰平である

見瀬は西川と特許権争いをおこしたが 「共有」で折り合いをつけた

西川が病に冒されており先行きが短いことを知ったからだという



賢島円山公園


御木本は「商業ベースに載せた」功労者として 地元では認識している

ちなみに西川は御木本幸吉の娘婿でもある

真円真珠発明生産のため おおくの「あこやがい=真珠貝」が犠牲となった

供養塔とともに賢島の高台 「円山公園」にひっそりとたたずむ



+

2015年7月8日水曜日

また 食いもんの話だが カナッペじゃ


息子夫婦から届いた「父の日プレゼント」

ウイスキーの肴として

カナッペにした

バゲットをスライスし

好みの野菜や パテ ハム 魚介類をバゲットに乗せてたべる

アボカドマヨしょうゆ 味噌マヨ 明太マヨチーズ

トマトやバジル オリーブオイルにガーリックを効かせてもうまい

とにかく決まりはない

カリッと焼いたバゲットの歯ごたえと具材が織りなすハーモニーをたのしむ

ありがとうございます



2015年6月30日火曜日

肉の日 29日

6月29日

肉の日だ

今日は「すき焼き」にしようと妻と決めていた

例により「長太屋 choudaya」へ

少しお値打ち価格になっているので

早くから結構なにぎわいの店内

珍しく「カツサンド」をみつけた





そんなに量も食べられなくなった夫婦


二人で400グラムで十分

関東のような「割り下は」使わない

なべに肉をしき 砂糖としょうゆで焼き付ける

しょうゆが焦げ 肉の脂と砂糖が更に香ばしさを振りまく


家中「すき焼き」の匂いで充満する

換気扇を回し 近所中に匂いを振りまく

ささやかな贅沢

ありがとうございます


2015年6月26日金曜日

ふく 福 をいただく

父の日に娘夫婦から送られてきた

ふく=福をいただく







ふぐ刺し 皮の湯引き ひれ酒用のひれ 

ふぐの唐揚げ 萩焼のぐい呑 カップ酒 ポン酢が

セットになって入っていた

ひれ酒用の酒は足らないので辛口の酒「剣菱」を買い求めた

ふぐ刺しと皮の湯引き




唐揚げ

ひれ酒





思わぬプレゼントで「福」をいただく



息子夫婦から送られてきたウイスキー

また別の機会に封を切ることにする


妻と二人 いい子たちに恵まれたと感謝する

身も心も満たされた

ありがとうございます








2015年6月22日月曜日

父の日に  みんなありがとう

6月21日は「父の日」だそうだ

ことしは子供たちから思わぬプレゼントが届き驚いた



「母の日」に隠れてそれほどメジャーではないが

ここ数年テレビCMや番組で取り上げられるようになってきた

目につかない人はいないだろう




長男夫婦からは「ウイスキー」が届いた



娘夫婦からは 「ふぐ刺しセット」

サプライズに感謝

まだ忘れられてはいなかった・・・


本日は妻もお休みがとれたので

二人して食事に出かける

普段外食はしない

皆が美味しいというお店や 食べ物は私達夫婦の口には「しょっぱい」

あとから喉が渇き たくさんの水を飲むハメになる

最初からインパクトの有る味はうまいのだろうが 「塩辛い」のだ



志摩市で唯一私達の口にあう味付けの店

みやぎ野」





妻が「父の日」プレゼントとして食べに行こうと言ってくれたのだ

我が家から車で5分もかからない




ミニ会席にした

口取りに始まり 刺し身 天ぷら 茶碗蒸し 季節野菜のあんかけ 酢の物

ごはん 赤だし 香の物 デザートであった


口取りの写真は撮り忘れた

刺し身と天ぷら


茶碗蒸し


冬瓜とナス 湯葉のあんかけ

蛸の酢の物



カウンター席だったのでご主人が 食事の進み具合を見て料理を出してくれる

約1時間ほどかけて食事をいただく

生ビールにはじまり三重の酒「義左衛門」を冷でいただく

運転してくれる妻に申し訳なく思いながら堪能した


家に帰ると仙台の妹から「さくらんぼ」が届いた



父母の佛壇にお供えし 今日一日の報告をする

ご先祖様のおかげで今日があり 子や孫達に恵まれた事に感謝

今はなき父にも感謝の日であった

ありがとうございます


2015年6月10日水曜日

瀧原宮  神宮125社巡り



三重県 南北180キロ 東西108キロ

北勢 中勢 南勢地区に大別される

気候風土もそれぞれ大きな違いが有る


「伊勢志摩」と一口に言うが 伊勢と志摩でも大きな違いが有る

来年の「先進国首脳会議」開催地に選ばれたが

三重県自体を知らない人が多い ましてや「賢島」など知る由もない



古より「神宮」をいただき その影響恩恵は計り知れないものが有る

倭姫命が神宮の永久の鎮座を求め歩かれた

伊賀 近江 美濃 尾張ををおとずれた

その後天照大御神の神託で伊勢の五十鈴川のもとに鎮座された

これらの地区は「元伊勢」といわれる


是神風伊勢國 則常世之浪重浪歸國也 傍國可怜國也 欲居是國

(この神風(かむかぜ)の伊勢の国は常世の浪の重浪(しきなみ)帰(よ)する国なり。
傍国(かたくに)の可怜(うまし)国なり。この国に居(を)らむと欲(おも)ふ)
                                   垂仁天皇25年3月丙申(10日)条


神宮別宮 瀧原宮にでむいた

国道42号線 度会郡大紀町にある


瀧原めぐり

瀧原宮   天照大御神和御魂

瀧原竝宮  天照大御神荒御魂

若宮神社 若宮神 瀧原宮所管社

長由介神社 長由介神 瀧原宮所管社

川島神社  川島神   瀧原宮所管社 長由介神社同座

多岐原神社  真奈胡神 皇大神宮摂社






巨大な杉の木が竝ぶ参道


瀧原宮(右)竝宮(左)



長由介神社と若宮神社


参拝順が記されているので従うこと

道の駅「きつつ木館」の奥に駐車場あり

神宮とはまた違った山深い地にあり

ゼロ磁場」のパワースポットとして話題になったことも有る

偉大な自然の森や川の息吹を感じることもいいのでは