2012年1月29日日曜日

娘のアッシー君

娘が年明けから出産準備のためわが家にいる
受診のため伊勢の産院へ出かける

私の休みが今年から土曜日曜になった
土曜日の受診が多くなる

わが家から伊勢の産院までは車で30分ほどだが
土曜は伊勢神宮前の交差点が大変混雑する

朝10時を過ぎた頃から道路の規制や駐車場進入への車で大混雑を引き起こす
市営駐車場も今年から¥1000の料金が必要となった





志摩方面から伊勢道路を使い伊勢に入る所で
神宮前交差点を通過する
週末は公共交通機関 タクシー 観光バスのみが
神宮前 宇治橋の視えるところに入れる
一般車両は進入禁止となるので注意が必要

車窓からの撮影だがこの右に市営駐車場がある
満車になると五十鈴川河川敷 県立競技場などの駐車場へ誘導される
その駐車場へ入る車列で大混雑が起きる
それでも10分もかからず混雑を抜けることができた




産院での受診の結果は順調
先週より子供も100グラムほど大きくなっているそうや
来月17日が予定日だそうだ


また 帰り道の混雑
正面方向が神宮

我が車は左折して伊勢道路に入りたい
市営駐車場に出入りする車で渋滞する

ここを抜けても伊勢道路と進入路が同じ
「伊勢志摩スカイライン」で鳥羽へ行く車が
間違えて 道路でウロウロ

伊勢道路に入ってからでも道を間違えたのか
小さな空き地を使いUターンする車がある
それでなくても狭く 曲がりくねった道である
雨が降ると事故も多い
優しい運転で 無事おかえりいただきたいものです



2012年1月28日土曜日

志摩三橋と珍しい木


月曜から金曜まで施設に通う人たちを迎えに行く
阿児町鵜方から志摩町御座(ござ)まで往復約1時間30分

志摩半島先端の町志摩町御座
夏は御座の白浜海水浴場でにぎわう
 


R260から越賀の集落へ入る取り付け道路に
この木はある
この木の立つ土手近くには駐車できるスペースと飲料の自販機があり
ときおり 飲み物を買うドライバーの姿が見受けられる

飲み物を買わなければ見過ごしてしまうかもしれん
地元の人は周知のことで あえてじっくり見ることはないのかもしれん

その形状とここまで大きくなった姿に しばし見入ってしまい
今回写真に納めてきた

よく見ればよくぞここまできれいに巻きあげたもんやの~と感心

違う方向から見ればこんな姿
う~ん・・

なんという木の種類なのかもわからん

阿児町からここに至るまで「志摩三橋」のうち2つをわたる
ひとつは 斜張橋 
「丸山橋」
綺麗なワイヤー美をみせてくれる


もう一つは
「パールブリッジ」
こちらは白亜のアーチ橋である
和具の港に至る海峡にかかり 橋の下には志摩水産高校がある

後ひとつは的矢湾にかかる
的矢湾大橋である
この橋は送迎ルートに無いので普段は通らない
以上が「志摩三橋」と言われる橋たちである

リアス式海岸の志摩半島は海峡にかかる橋たちが重要な役目をしている
集落を結び経済 観光 文化 生活の交流橋にもなっている
橋がなければ海岸沿いの狭い道を何時間も掛けて行かなければならなかった

この時期「賢島大橋の夕日」は写真家が注目する
橋の中央に「太陽」がしずみ
その姿が見えなくなるまで シャッターを切る音が鳴り響く

志摩市と「橋」を取り上げてみた

2012年1月15日日曜日

初詣に「伊雑宮」と青峰山「正福寺」へ

1月13日
初詣に出かけた
行く先は青峰山正福寺と伊雑宮である

青峰山正福寺は縁起によれば奈良時代 
天平年間に僧 「行基」が創建

江戸時代に入り文化文政の頃
現存の建物群が建てられたらしい
志摩地方には珍しい
高野山真言宗系のお寺である

青峰山の標高が336メートルあり 
当時は志摩一円はおろか遠州まで望めたという
古くから漁師 海女 海運関係者に信望が厚く
本尊の「十一面観音」は鯨に乗って現れたと言い伝えがあるそうな

船の安全航行のため夜間は「護摩焚き」をし目標としたらしい
縁起はともあれ 由緒歴史もあるお寺だ

正福寺山門 寺側より


正福寺

本尊の十一面観音は秘仏で ご開帳は50年に一度
次は2039年

堂内は海に関した「絵馬」が沢山掲げられている

あまりにも寒いので早々に退散
磯部の「伊雑宮」へお参りした
伊雑宮は神宮 志摩一宮
皇大神宮の別宮で位も高い


昨年一年間のお礼と新年の祈願を行い無事参拝も終了となった

2012年1月14日土曜日

正月や~正月や~

久しぶりの日記更新となる

正月7日に娘夫婦が帰ってきた

2月中頃には出産を控えておる娘
実家のほうが何かと便利
母親のアドバイス 援助も受けられるとあって
生まれるまで我が家で過ごす

7日は まだ妻の休みがとれていないし
世の中は3連休とあって 神宮界隈は正月の賑わいを引きずりながら 大忙し
10日まで休みは取れなかった

それでも娘夫婦を交え久しぶりに家族がそろった
わしらもまだ「正月」はしとらん


娘たちのリクエストもあり
夕食はブリしゃぶと焼肉にした
ブリは例のごとく片身を仕入れ 削ぎ切りした
焼肉はスーパーのもの

ブリしゃぶは土鍋で
焼肉はめいめい 好みの焼き加減とするため 一人コンロを転用した

ビール 焼酎 など 大いに飲んだ
ちょっぴり家族も増えて久しぶりの水入らず
婿殿にもしこたま飲ませて お互いへべれけ
やっとわが家にも「正月」らしきものが来た

2012年1月2日月曜日

豚の焼きスペアリブとかんぱちのあら炊き

志摩地方は朝から太陽も顔をのぞかせ穏やかだ
そんでも 風邪は結構強く吹いとる
昨夜遅く妻が「年越し勤務」から帰宅した

「おかげ横丁」一帯で無銭飲食や 持ち逃げが横行しておるらしい
忙しくて目が生き届かんことをええことに
無銭飲食 物品の持ち逃げ 万引きが多いらしい
ええ大人が徒党を組んでの荒業らしい
なさけないやつらやの~


わが家に正月はないが
毎日 鍋料理もちょい飽きてきた

そんで 今夜は 豚スペアリブを焼くことにした
正月前の買い物で1Kg¥988の物
近くのイオン マックスバリュー鵜方店で買った
10本近く入っておったから 1本¥100くらいか

さっそく解凍して漬け込んでおく
しょう油 オイスターソース
ケチャップ にんにく 生姜 黒こしょう はちみつで調整
最近は「魚焼きグリル」でステーキ用鉄板に乗せて焼く
程良く焼けて 鉄板なので冷めにくい

かんぱちのアラ
これも正月前に仕入れたもの
値札もついとるが  ¥398
まるごと1本買いか 半身 または アラ
切り身にしたものは買わない

魚は自分でおろせたら切り身など値段が高くてもったいない
一番うまいところがアラにはたくさんあるんやけどね
誰も見向きもしませんね

今回のは「あら炊き」用にか 結構身がついとる
アラに熱湯をかけて汚れ臭みを洗い流す

生姜 たまり醤油 日本酒 ザラメ糖など好みで
煮汁を調整し 細かい泡が出始めたら
アラを入れて煮込む
もちろんたくさんの生姜は忘れずに
ある程 火が通ったら火からはなす
これで 魚に味が入る

食べる前もう一度あたため
アラを皿に盛り 煮汁だけ煮詰めて魚にかければ
こってり アラ炊きの完成 
これはあくまで 志摩人風です

パンを食べつくしたんで また焼くことにした
先月 ヤフーオクションで手に入れたもの
まだまだ現役です

4日からは勤務がはじまる
体調を整え 準備しとかなあきません

7日には娘夫婦が帰ってくる
娘の部屋の準備もほぼ完了
まあ 今あるものを別のところに移しただけと言えばそれまで

待ち遠しいな~
この日記も毎日かけるのは明日まで
あとは仕事の都合で土曜か日曜だけになる
ことしから世間並みに土曜日曜がお休みとなる

2012年1月1日日曜日

かみかぜの伊勢の内外のみやばしら

かみかぜの 伊勢の内外のみやばしら
      
    動かぬ国の しづめにぞたつ
                    
        明治天皇御製 明治三十七年

志摩地方は曇り空
  我が家の窓から見た
    平成24年1月1日の太陽


一人で過ごす大晦日 元日
 いつもどうり よる10時には風呂に入り
   11時には床に付いた

普段と違うことをすれば 余分な労力がいる
当たり前のように過ごせることが一番
また 当たり前のように過ごせることが しあわせ

時間は人間の作った概念 方便
一瞬一瞬のつみかさねにすぎない

ことしもこんな調子で日記がはじまった

きのう キッチンの換気扇フィルターなどを掃除した
油汚れがひどい

油汚れ専用 「マジックリン」を使ったが
油がスポンジやステンレスたわしに移動するだけ
そこで色々考えたあげく
洗濯洗剤を使ってみたら
アラふしぎ
なんの手間もなくきれいさっぱり
液体洗剤のような「混ぜるな危険」もあらへん


皮脂汚れを引き剥がし洗い上げることを
研究してきた歴史があるんやろな
これはびっくり

きれいになると嬉しいもんです
IHヒーターやオーブンレンジ 魚焼きグリルも試してみよう
正月早々 ゴキブリ亭主 じじいか~
まあなんでもええわい
ほんなわけで お掃除します