2010年12月8日水曜日

低温やけどに注意しよう

12月8日

身寄りのない高齢者の支援をしていたころのはなし


人間の体温計に目盛は42度までしかない(水銀)古いな~
それ以上の熱は余程のことがない限り
体温の上昇はないそうだ
体内以外でも外部から同じ部位に熱が与えられると
たんぱく質が変性しやけどになるそうだ
低温やけどの画像は「WEB]上にいくらでもあるので参照願うとして

さて 今回支援した患者さんは

右大腿部と左足首にやけど



原因は「電気あんか」による
低温やけどと診断された

糖尿病で体重もあり体位の変換もままならない
いきおい同じ部位に熱が集中し火傷となる
普通は血流がラジエーターの役割を果たし
熱の集中を防いでくれるのだが
高齢者や糖尿病患者は温度感覚も鈍くなるらしい

低温であっても長時間同じ部位に熱が当たると
水ぶくれや皮膚の深部に熱傷をおこす
普通の表面やけどとちがい
組織の深いところに熱が達するので
治りも時間がかかる

傷口が化膿するおそれもあるので
早めに専門医の治療をうけるべき

この方ご高齢で栄養改善の必要もあるとみられ
2週間ほどの入院措置となりそうだ

電気あんか 電子カーペット 電気敷毛布 カイロなどは
注意が必要だ
これから なおのこと寒くなる
高齢者や若い女性で冷え性の方は特に注意が必要だ
体を芯から温める生姜湯がよく効く
ノロウイルスにも効果があると専門家は言う
市販薬を飲むよりは 伝統のある治療法がいいかもしれない

極端に手足が冷え のどがいがらっぽく
下半身がむくみ 正座ができにくくなるようなら
甲状腺の検査をしてみるといい
自分自身が甲状腺機能低下症なので経験からいう
甲状腺ホルモンが出すぎれば バセドー病
その反対で出なくなれば 機能低下症だ
病院での血液検査を受けること

5 件のコメント:

のほほん さんのコメント...

今晩は

十分注意いたします

長岡はきょうも雨模様でした

明日からぐっと寒くなるようです

あざらし さんのコメント...

こんばんは、ご無沙汰しております!!

私もカイロで毎年のように低温やけどします^^;気を付けているのに何故か。
入院とは大変です。これから益々寒くなりますし、気を付けなければならないですね。。。

暇人 さんのコメント...

あざらしさん こんばんは
カイロで火傷?
冷え性なんでしょうか
生姜湯が効きますよ
生姜をすりおろし 汁をしぼります
砂糖かはちみつを加え白湯を入れます
体の芯から温まり 胃や腸の具合も整えてくれます
お試し下さい 朝一番がいいようです

匿名 さんのコメント...

こんにちは
幼い頃、右足脛の横を湯たんぽで低温火傷をしました。
今でも5センチ×4センチほどのケロイドになっており、そこだけ脛毛が生えません。
男だからどうでもいいですが女の子供さんをもつ親は十分に注意が要りますね。

ヨッシー

暇人 さんのコメント...

ヨッシーさん こんばんは
私も3歳ころ ヤカンのお湯を右足にかけ 大火傷をしたそうです 記憶にはありませんが 傷跡はあります
鼠径部から膝にかけ傷跡があります

祖母に母が責められたそうで よく話していました
ケロイドも歳と成長とともに 皮膚も広がり 目立たなくはなりましたが 子供心に夏の水泳は嫌でした
幼い子供の怪我は親の責任と責められます オッチョコチョイの性格はいまでも治りません 今さらながら死んだ父母に申し訳なく思います
今では孫に気遣うようになりました