2009年9月30日水曜日

今夜はハンバーグにします

9月30日

雨も降り続き
秋の長雨の様を呈してきた
5日くらいまでは ぐずつくという
外での作業ができません


今夜はハンバーグにします
ひき肉とたねをこねて成形



表面に焼き色を付けておく


鉄板に乗せ妻が帰る頃を見計らい
オーブンで焼く
ジャガイモのフライドポテトも用意しておく


家で食べるコメがなくなっつたのでネットで注文
ただいま届きました
5㎏袋を2つです

880円ジーンズ 買っちゃいました

9月29日
志摩地方は今日も雨
もう3日続いています
時折強く降ります


奥ちゃんが今月最後の休日でした
お買い物のお供をして ジャスコへ
奥ちゃんは普段着や靴下をお買い求め

金魚のフンのワシもおねだりでジーパンを
買ってもらった
その中に880円ジーンズも

縫製はしっかりしており
金具は無刻印で文字無し
お尻の部分のメーカー銘板も省略
ファスナーは世界のYKKのものやった




今朝9月30日テレビ番組で有名メーカジーンズと
1000円以下ジーンズをならべ 消費者に
どれが1000円以下か当てさせる企画があった

誰も見分けがつかないありさまやった
1本数万円のこだわりジーンズをはく若者でも
見分けられんかった

ただ有名ブランド店で買っていると言うことでしか
判断がつかんのやろ


こだわりは こだわりでええし
個人の趣向にいちゃもんつけるつもりは
毛頭無い
 
ただ どんなものでも
判断する眼力は養うべきやろな
それには本物を見たり 歴史を勉強する必要がある

1000円の物を金具類を取り替えたら
有名メーカ品になってしまう
そんな海外のブランド品を崇拝し むらがる
ええカモやね~ 日本人は

ブランド品には縁もゆかりも興味もない
田舎じじいのボヤキでした
分相応の生活をしたいとおもう

2009年9月28日月曜日

大学芋黒砂糖アメがけ 男の料理

9月28日

どうやら雨も降ってきた
明日まで降り続くらしい


この間丹生で買ったサツマイモ
先日はサツマイモごはんにしたが
今日は「大学芋」に挑戦


白糖や三温糖アメはあたりまえなんで
黒砂糖を使う



適度に皮をむいたサツマイモを乱切りにする
160~170℃くらいの温度でじっくり
焦がさないよう揚げる 竹串をさして確認


黒砂糖は事前に粉末状にしておく
ハチミツ 水 
それと酢(酢を数滴加えることで砂糖の伸びと食感が増す)
サツマイモが揚がれば素早くフライパンのアメと絡める


黒砂糖独自の臭いが嫌な方はシナモンを少し加える
甘いかおりと 風味が増す
黒ごまをちらして できあがり ん~まい

嵐のまえぶれ

9月28日

志摩地方は朝から風が強め
昼頃からは雨になるという
昨日手入れした庭木のゴミの整理と
穂紫蘇を収穫する
ただいま穂紫蘇は塩漬けにしています
今夜はこれを食べられそうや

ナスとオクラも出来ていたんでこれも取り入れ


遅がけに大きくなったミニトマトの木
沢山実が付いたのでサラダ代わりや
デザートにしている

家の周りの現況をビデオに
video

2009年9月27日日曜日

さつまいもごはんは 伊勢湾台風の想い出

9月26日



きのう 丹生のふれあいの里でさつまいもを買った

さっそく さつまいもごはんのリクエストがあり

ご飯を炊いた



2合の米に 200gくらいのさつまいもを1本
適度に皮をむいて 



1~2㎝角ほどに切りそろえる


規定量の水を入れて炊きあげればできあがり

ワシはサツマイモご飯を食べると小さい頃をおもいだす
毎日さつまいもの入ったおかゆやった
コメのご飯なんか食べさせてもらえんかった
丸く平らな麦が主食で
おかずは目刺しか漬け物それに味噌汁
コメの飯は残り物を蒸かし直し したもんや

志摩の とある場所で
小さな宿屋をしていた両親
コメの飯は「お客さんに出すもの」で
従業員や子供たちは麦飯が普通やった

卵焼きは兄弟3人で取り合い
それもお客に出すだし巻きの両側を切った物
お客に出した 食べ残しも争奪戦
刺身 煮物 焼き物 ぜ~んぶ
箸をつけたもんまで 取りあいやったな

大阪「船場吉兆」が問題になったが
そんなことは当たり前 使い回し
全部ワシらの口に消えた
生きていくのに エエカッコできん時代やった
吉兆はんも昔の常識は通用せんようになっとったんやな
ワシらの時代なら当たり前 かわいそうに

50年前やな伊勢湾台風がきて
何もかも吹っ飛ばしてしもた
食うもんも 着るもんもなかった
住むとこさえ 屋根の瓦は無し
窓のガラスは無し 
そんな生活が何年も続いた

それでも両親は子供を飢えさせんと
教育も受けさせ 一人前にしてくれた
もうこの世におらんけど 感謝 感謝 感謝

小学1年の時やった
9月26日は
伊勢湾台風から50年やったな

2009年9月26日土曜日

高速道路¥1000なんか くそそらえ

9月25日
シルバーウイークとやらもやっと終わり
連休中も仕事やった妻と温泉へ
いつものように人混みを避けて大台の
フォレストピア宮川荘」へ


高速道路のETC車¥1000の恩恵には
絶対あやかれん宿命なんでこんな制度も
民主党の段階的無料化にも
絶対 ハンタ~イ!!

往路は伊勢道を使い大台ICまで1時間くらい
下におりて国道県道で目的地へICから
20分ほどでつく 11時の営業開始10分前に着いた
天気も良く汗ばむほど
文字通り青い空に白い雲です



開店まで少し待った、開始と共に
待っていた人がゾロゾロと 男女併せて10人ほど
いつもどおり奥ちゃんと時間を合わせて
男湯女湯へ
今日も入浴している方々は60代後半から80歳代か
ワシより高齢の方ばかりやわ

昨日の夜「日本茶」を飲んだらなんやら眠れんかった
寝不足
温泉につかり気分もよ~なったんで 浴槽の縁に
おチンチン丸出しで
寝転がり少し寝てしもた
(寝込んでおっても怒られんほどすいている)

気がつけば一緒に入浴していたオッサンらはもうおらんかった
そこで事件が
寝ていて気がつかんかったんやろけど
新たに一人のオッサンが入ってきていた
誠に気の毒なんやが、ご病気か精神的な障害で
体が不自由と見受けられた
行動も奇妙ですねん

浴室内の壁やあちらこちらを叩いてまわる
歩行もあぶなっかしくてハラハラする
オイオイ このオッサンとワシを置いて
他のオッサンは退散したらしい

コマッタ コマッタ
このオッサンを置いて出ていって
ダイジョウブなんかいな?

それでも体を洗い始めたんで
ワシもこの隙に~
いつもより入浴時間は短かったけど
着替えて湯上がりどころへ

ポカリを飲んで奥ちゃんが上がってくるのを待っておった
そこへ かの オッサンの家族らしき女性が現れ
男湯を覗いていた かのオッサンも更衣室におった
例によりあちこちを叩き周り ドンドン ガンガン
ロッカーやらゴミ箱かな 賑やかに音を立てておったんで
無事「入浴」も終わられたんやと ひとあんしん
ああ~しんど



ほんで~ お風呂も終わりまして
野菜を仕入れに いつもの丹生へ
ふれあいの里 は秋の味覚がいっぱいでした


やっぱり目を引くのが山と積まれた 栗ですわ
栗は食うのに面倒なんでチト 遠慮




じゃがいも サツマイモ ピーマン 里芋
みょうが トマト ぎんなん こんにゃく
¥100~300くらいで売っている
こんだけ買って¥1700でした


腹も減ったんで玉城町 ふるさと工房アグリへ
地元の農産品や花などが販売されている
それと絶対 「玉城豚」(たまきぶた)これがうまい
かならず買って帰ります

となりには 「ふれあいの館」という温泉館
弘法温泉アスピア玉城として親しまれているが
浴槽が狭く すし詰め状態なんで
一回いって それっきりです


ここでのお目当ては
「玉城豚」 国内の食用豚の大会でも評価が高いもの
その豚肉を使ったとんかつやしゃぶしゃぶ バーベキューがうまい

奥ちゃんはカツカレー      ¥680 
ワシはロースカツ特大定食   ¥1320
カレールウも手作りに拘り 非常にスパイシー
豚骨からとったスープとあわせ ひと味違うんですわ



ふつうのロースカツ定食は肉も小さく薄いけど
特大はその名の通り「特大」



250gはゆうにあろう たたずまい
分厚くともやわらかく あふれる肉汁はとろりとあまい
脂身のあまさ 尋常でない
機会があればゼヒ お試しを!
満腹で家路につきました



家では今日買ってきたピーマンと里芋をさっそく夕食へ
ピーマンは油で炒めて 「創味のつゆ」をまとわせませす

里芋は小ぶりの物を選び よく洗う
風味を逃さないために「蒸す」
串などを刺して スッと通ればOK
軽く指で押さえれば ツルンと皮がむける
芋がどっかへ飛んでいかんよう気いつけなはれ

高級料亭でこの時期よく出される
「きぬかつぎ」や
塩やごま塩なんかチョットつけてめしあがれ
う~まいでっせ

2009年9月24日木曜日

やっと終わったシルバーウイーク狂想曲

9月24日

初秋の連休シルバーウイークもやっと終わった
今日の中日新聞三重版での記事
やっぱり三重県北勢、中勢地域までの混雑で終わった

新名神の開通で北勢 鈴鹿の鈴鹿サーキット
桑名のなばなの里
御在所岳
モクモクファームなどが
賑わいを示したとある
新名神は関西圏からの誘客に貢献したらしい


中勢地域ではやはり伊勢神宮界隈のみ
鳥羽や志摩は期待には ほど遠い結果だった

平成25年の式年遷宮を控え
神宮界隈ではその準備に忙しい
20年に一度の遷宮は 唯一神明造りとして
その建築様式や神宝に至るまで新調され
次代にその技術や文化を伝承する
大切な伝統儀式です


(おかげ横丁HPよりお借りしました)



神宮から続くおはらい町
赤福本店前に展開するテーマパーク 
おかげ横丁は
歩くのも困難なほどの人出だった
あの狭いところに1日当たり3万人
5日間で15万人もの人が押し寄せたらしい
妻の話でも恐ろしいほどの人出はあったが
何も買わない 使わない ただ歩いているだけ
財布のひもは固かったと言うことや

鳥羽や志摩地域は期待したほどの人出はなく
寂しい限りだった
高速道路の延長や土日の料金千円優遇は
他の交通機関へのしわ寄せが甚大だ

高速道路の延長は目的地が通過点になり
通り過ぎてしまうし、一般道の施設も閑古鳥が鳴く
高速道が欲しい地域には多くの地域が経験した
便利さと経済効果は別な経済衰退を生む
両刃の剣であることを認識するべきだろう

いずれにしろ大騒ぎした割には
課題を多く提供してくれた連休だった

2009年9月23日水曜日

菜園通信9/23 その後

9月23日
シルバーウイークも最終日
ワシにはどうでもええけど
やっと終わりや

高速道路の¥1000優遇で
伊勢神宮界隈は大賑わい
おかげ横丁 おはらい町は
歩くのにも一苦労の盛況ぶりらしい

おかげ横丁では
招き猫まつり」が月末29日まで行われており
たいへんな賑わいだという
志摩地方は人気が無く車の混雑も
な~んにもあらへん
静かなもんですわ

ワシも普段通りの生活や
人混みの中に行くのも疲れるし 
インフルエンザをもらっても困る

そんなんで 庭の様子やこれからどうするを考え中
紫蘇は 「穂紫蘇」を付けてきた
白い可愛い花が角のように上に延びてゆく
もう少し育てて穂紫蘇の塩漬けや
紫蘇の実の佃煮や 紫蘇の実味噌もうまいやろ


葉っぱは軽く塩をしてジップロックなんかに
空気を抜いた状態で保存する
水気は必ず切ること 変色のもと
ある程度冷凍保存も利くので試してみる価値はある



ナスもまだまだ頑張ってくれてます
次々と花を付け実を付けてゆく
植物の力の強さに感嘆!!
ありがとう 感謝です
ナスを収穫したら お礼肥を与えること
コレを守ればかなりの収穫が見込めるゾ





10日ほど前に「水菜」を蒔きました
ほぼ全部芽を出し成長中
これから鍋物や おひたし サラダに活躍する
収穫は 包丁で茎を刈り、根は残しておく
また新しい芽がでて 2~3回は収穫が出来る
肥料も忘れるな

以前の日記で

高砂百合」を記していた
もう当然花は終わりを告げたが
花芯に胞子が出来た
ただいま成育中 

こんな鞘が出来て
中には種がいっぱいなんやろね
種は落ちても1年目は芽だけ
花は2年目から次からは株数も増えて
乱れ咲きの状態になるとある

繁殖力旺盛なので家庭での場合
適度に種の処分をしないと
たいへんなことになるらしい

も少しして 種が落ちそうになってきたら
別の場所に植えてみよと考えとる

2009年9月21日月曜日

シナモンロールに挑戦!! 

9月21日

昨日で不要家電の処理が片付いたので
今日は趣味のパン作り
本日は 「シナモンロール」に挑戦した

ネットであちこち資料、レシピを仕入れ
準備は万端
この小麦粉は”打ち粉”



生地作りはホームベーカリーの「生地作り」にお任せ
生地が出来れば 麺棒で広げ
シナモンパウダーと砂糖を振る
端から巻き上げスクレイパー(スケッパー)でカット
 


はじめてなんで 見た目がイマイチ
そんでも まあまあええやろ
次回はモット うまくいくはず?
そう信じて~
できあがり~
シナモンと パンのかおりが
家中だけでなく ご近所にも届いております

2009年9月20日日曜日

シルバーウイーク

9月20日

9月の連休 シルバーウイークとか言うらしい
ワシにはな~んも関係ない
サンデー毎日 やからな

妻は お仕事でたいへん忙しい週になりそうや
ワシはセッセと おうちの片付け
昨日に続いて 不要家電の処理



3台もパソコンのモニタがあった
これも引き取ってくれるという約束なんで
運びました
場所は 志摩市磯部町恵利原
志摩と伊勢を結ぶ「伊勢道路」の志摩側の進入口
「リサイクル倉庫」という場所

入り口には遊園地などでよく見る スワンのペダルボートが鎮座し
バイク 農機具 ありとあらゆる機械類が所狭しと並んでいる
9月28にまで特別に家庭にある小型の不要家電を
無料で引き取ってくれるので利用した
おかげで家がすっかり片付いた



昨日と同じ”お兄ちゃん”がニコニコと応対してくれた
お礼まで言われて ちょっと恥ずかしい

これでテレビ以外は不要な電気製品は処理できた
連休中は家の整備
窓の清掃や 山から張り出した木の剪定
子供たちがいた今は使用していない部屋

倉庫にしていた部屋の整理なんか
やることいっぱいあるんやわ~

腰やら体の様子と相談しながら
ボチボチ整理してゆきます
皆はん ええ連休をお過ごしください

2009年9月19日土曜日

不要家電の整理

9月18日

先週の新聞の折り込チラシにあった
不要家電の無料回収」!!
我が家にも故障したり 時代遅れとなった家電が
たくさんあった
家電リサイクル法により 
簡単に廃棄できんようになったんで困った


新しい物を買うときは処分を頼めるが
処分にも「お金」がかかる
パソコン本体 プリンタ テープデッキ チューナー
キーボード モデム モニタ などなど
けっこうあるもんや
普通なら こんだけ
全部ひきとってもらうには ~万円も費用がかかるやろ



それを 無料で引き取ってくれるというんで
恐る恐る持ち込んでみた
「持ち込んでいただいてありがとうございます」と丁寧な対応に驚く
貴金属や レアメタルが「無料で回収」できるんやから
都市鉱山
濡れ手に泡で おいしいに違いない







当初 パソコンのモニタは引き取らんと書いてあったが
「いいですよ お持ち下さい」と・・・
明日 運んで処分してきます

とんぼの炙り

9月16日

妻が「とんぼ」の刺身を買ってきた
「とんぼ」=まぐろの一種で「びんなが」「びんちょう」
と地方により”呼び名”が変わる物

今回は片身の”さく”だったので
あぶり
にして食べることにした
「ガストーチランプ」で炙ることにする





軽く炙りはじめ
少し”焦げ目”をつける
色が変わってゆくのを見られる
余熱で全体が白くなって行くのがわかる
刺身に引いていただきます

しょうが 大葉 ゆず胡椒 わさびなどを添えて
刺身自体に相当のあぶらが乗っていて
たいへん”おいしゅうございました”
video

2009年9月15日火曜日

しそ味噌をつくる

9月15日

今日は朝から雨
庭にたくさんあるしそ(紫蘇)は薬味やサラダや天ぷらなど
用途はぎょうさんあるんで 重宝します

そろそろ「穂しそ」も出始めた
花穂紫蘇、穂紫蘇 になっても
使い道はいろいろ 
きょうは
我が家の「常備采」として
しそ味噌」を作ることにする

紫蘇のうんちく
遙か昔から解毒、食欲増進、せきどめなどと珍重されてきている
中国三国時代 蟹の食べ過ぎで苦しんでいた人がいて
ある名医が紫色の葉の植物を食べさせたところ 蘇生した
このことから この植物を「紫蘇」と呼ぶようになった・・・と
それから紫色には蘇らせる力があると信じられるようになったらしい
時代劇の殿様が病床にあるとき、頭に「紫色のはちまき」
をしているのが見受けられるが
これに由来しているのだろう



材料
紫蘇の葉=大葉を20~30枚用意し みじん切りにする
生姜 みじん切り
味噌 (ふだん使用している物)
ごま油
みりん
白ごま
一味又は七味(好みで)


フライパンにごま油を敷き
しそ、しょうがのみじん切りを入れて軽く炒める
味噌、みりん、白ごまを入れて混ぜ合わせる
味噌、みりんの量は各自好みで調整して






フライパンが焦げ付かないよう 火力は調整し
水分を飛ばす
最後に好みではあるが 一味や七味を加えてもよい



冷ましてから 密閉容器にいれ保存する
味噌が主体なので 一月ほどは十分保存がきく

用途
そのままごはんの上にのせて
セロリ、レタス、キャベツなど生野菜にのせて
冷や奴、湯豆腐に使ってもうまい



2009年9月14日月曜日

まだまだがんばっています

9月14日

庭の畑はまだまだがんばってくれておる
先週種をまいた「水菜」
サラダやおひたし 鍋物にと欠かせん存在



どっこい ナスも花を付けて実をつけ
あとから あとから実を結ぶ



オクラは15本ほど種をまいた物から収穫



自然に生えてきた「紫蘇=大葉」
無数にある
そろそろ「穂紫蘇」が現れてきた
プチプチの種の塩漬けもうまい

葉を摘んでは薬味や「しそ味噌」を作る
日本を代表するハーブ



種を蒔いたり、苗を植えた覚えのない縦長トマト
野鳥が沢山来るので糞の中から芽生えたものか
おかげで思わぬ収穫を楽しめる
ありがとう

大地=土はすごい
やったら やっただけのことは返してくれる
土の恩恵に感謝 感謝!!


久しぶりにパンを焼いた
痛んだバナナを混ぜ込んで焼くとフワフワのパンが焼ける
今日もええ香りが家中 充満しとる


少しトーストして 「はちみつ」をぬって食べるのがうまい